ヘッドハンティングコラム

ヘッドハンティングはどんな人がされるのか?

とても優秀な人なのに、キャリアの積み方がもったいない。
そんな人を数多く目にします。

どんな人がヘッドハンティングされるのか?
それを知り、自分が当てはまるかどうかを考えたい。

1、他社でも発揮できる技術を持つかどうか

ヘッドハンティングの目的は「やりたい仕事をすぐにやってもらう」です。
自社に技術が無ければ他社から引き抜けばいい。
そのためにはお金がかかっても仕方がない。

ただ仕事ができる人ではなく、何かしらの優れた技術を持っている人や、
または大規模なプロジェクトでのリーダーだったりする人。
「その技術を当社でも!」となるのがヘッドハンティング。

ただの課長や部長など、人材の管理だけなら自社の人材で間に合います。

2、成果を出している企業に勤めている

いくら技術があったとしても、成果を上げていない企業で働いていては信用できない。
トヨタの技術者、町工場の技術者、
同じ技術力だったとしても、圧倒的にトヨタの方が有利です。

大企業にいるほどヘッドハンティングされる確率は高くなります。
依頼元企業に紹介する時にも、「トヨタのエース級を連れてきました!」とする方が良い。

3、周りからの評判が良い

技術をもっていたとしても、同僚などから良い評判を聞かない人間はヘッドハンティングされません。
仕事はできるけど、性格に難あり。
そんな人間になっていれば、ヘッドハンティングの話しは無いだろう。

ヘッドハンターは「人間性の良さ」も重視します。
依頼元企業に紹介するので、あんまり変な人は連れていけない。

まとめ

実績ある企業で技術を積み、周囲から尊敬される人間。

自分自身がそんな人間であれば、ヘッドハンティングの確率は高くなるでしょう。
積極的にヘッドハンターの目に留まるようにしていきたい。

next: ヘッドハンターから声をかけられるためにやること


戻る:ヘッドハンティングコラム

 

ヘッドハンティングコラム